新着ニュース

[大学生協連]2020年度保護者に聞く新入生調査概要報告 (2020年11月5日)

大学生協連調査
新入生の保護者20,347名から集約

「2020年度保護者に聞く新入生調査」概要報告

<2020年度の特徴>

  1. 受験から入学までにかかった費用
    入試制度の変更を念頭に一般受験生の受験学部数が引き続き増加
    受験学部数は増加しているが、受験料は減少
  2. 保護者の意識
    大学選びの関心事は「所在地」「設置者」「就職実績」に加え、「ブランドやイメージ」も重視
    大学生活の心配事は「大学での授業や単位」が半数を超え、就職への不安も拡大

全国大学生活協同組合連合会(以下 全国大学生協連)では、2007年から毎年4月~5月に新入生の保護者を対象とした「保護者に聞く新入生調査」を実施しており、2020年は122大学生協の20,347名の方から回答を頂きました。

この調査は毎年、受験から入学までにかかった費用をはじめ、受験から入学までに困ったこと、大学生活を送る上での不安といった保護者の意識とあわせ、大学生協の事業に対する評価も頂いています。
今回の調査結果から、受験から入学、その後の大学生活の変化、大学入試制度の変更を前にした受験のための費用の変化、今後の大学生活や将来への保護者の不安や関心などを報告いたします。
今回調査をした時期は、新型コロナウイルス感染症による緊急事態宣言が2020年4月7日(埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、大阪府、兵庫県及び福岡県以外の道府県については同月16日)に発出され、5月31日の解除予定日も都道府県によって短縮または延長がありました。ほとんどの大学でキャンパスへの立ち入りが禁止され、多くの大学で2020年度4月開講が延期となりました。開講後の授業は、主にオンライン授業でした。

<調査の概要>詳細ページはこちらから

【調査の目的】 新学期の大学生協の取り組みについての保護者の評価や、新入生が入学までにかかる 費用、具体的なスケジュール、住まい探しや商品購入の際の意識を調査することによ り、新学期事業の総括および次年度提案の基礎データとする。
【調査対象】 2020年に入学した新入生(学部生)の保護者
【調査期間】 2020年4~5月
【調査方法】 インターネット調査(各大学生協の名簿からランダムサンプリングして郵送で依頼、Web画面から回答)
【回収数】 20,347(122大学生協・回収率30.0%)


戻る