新着ニュース

442年ぶりの天体ショー 11月8日に皆既月食と天王星食が同時に起こる (2022年11月1日)

太陽、地球、月が一直線に並び、月が全て地球の影に入る皆既月食が11月8日、全国各地で見られます。この日は同時に天王星が月に隠れる天王星食も起こります。皆既月食の際に惑星食が起こるのは極めて珍しく、国内で見られるのは1580年7月以来約442年ぶり。次に同様の「天体ショー」が国内で見られるのは322年後といい、国立天文台の担当者は「生きている間には見られない。ぜひ観察してほしい」と話しています。
国立天文台HP(リンク)だけでなく富山科学博物館HP(リンク)でもライブ配信がご覧いただけます)

月食中の月の位置(2022年11月8日 皆既月食 東京での見え方)















画像サイズ:中解像度(2000 x 1265) 高解像度(5500 x 3480)
地球の影に対する月の動き(2022年11月8日 皆既月食)














画像サイズ:中解像度(2000 x 1265) 高解像度(5500 x 3480)

※↑国立天文台HPより

関連情報

戻る