新着ニュース

全国大学生協連「新型コロナウイルス対策特設サイト #withコロナ」 (2022年8月9日)


困ったらまずは相談してください。

新型コロナウイルス感染症の影響を受けた学生等への経済支援のお知らせ

※文部科学省サイトのご紹介

文部科学省では、令和2年度からスタートした【高等教育の修学支援新制度】をはじめとした、「新型コロナウイルス感染症」の影響で、学びの継続が困難となっている学生・生徒の皆さまに関係する経済的支援制度をまとめています。
学びの継続のため是非一度ご覧いただき、支援制度のご利用について、検討をされてみられてください。
https://www.mext.go.jp/a_menu/coronavirus/benefit/index.html

ご挨拶

つながることの大切さ
全国大学生活協同組合
連合会会長
理事 生源寺 眞一

協同の価値観と理念で共通の運命を目指して
国際協同組合(ICA)
会長 Ariel Guarco

今こそ「つながりあい、語りあい、たすけあう」大学生協へ。
全国大学生活協同組合
連合会学生委員長
安井 大幸

catch

【7月版】緊急!大学生院生向けアンケート大学生回答報告 

【7月版】「緊急!大学生・院生向けアンケート」は7/30を期日としており学部生9,000名を超える方からご協力いただきました。大学生回答の報告をご案内いたします。

catch

学生のこころとからだの健康・安全を守るために

大阪大学 名誉教授 杉田 義郎
東京大学 相談支援研究開発センター 准教授(医学博士) 渡邉 慶一郎
京都大学 学生総合支援センター センター長 杉原 保史
東京工業大学 保健管理センター 教授(カウンセラー) 齋藤 憲司
甲南大学文学部教授・学生相談室 カウンセラー日本学生相談学会 理事長 高石 恭子
岐阜大学 保健管理センター 教授 山本眞由美・教授 西尾彰泰

catch

コロナに負けるな! 学生のまち 京都応援キャンペーン

※NHK京都放送局サイトへ移動します。

コロナ禍での大学生の状況を伝えるNHK京都放送局制作の1分動画集。
京都発ではございますが、「大学」に関心のある方なら、どなたでも共感いただける内容です

catch

学生総合共済

学生総合共済は、新型コロナウイルス感染症も病気入院による共済金の対象となります。
新型コロナウイルス感染症により入院をされた場合は、各大学生協またはコープ共済センターまでご連絡ください。大学生協共済連の「新型コロナウイルス感染症に関するご案内」はこちらから。

catch

龍谷大学「VarlproD. vol.2」のご紹介

新型コロナウィルスの影響で、これまで当然であった“日常”が当たり前ではなくなる経験をしています。大学への入構禁止やオンライン授業の実施、そして友達と好きなだけ話をしたり交流する機会を失うなど、人と会い関わり合うことが難しい現状において、学生は何を学び、どんなことを感じたか、『コロナ禍の今、思うこと』について、メッセージを募集されました。

catch

Withコロナ キラリ人 インタビュー

学生の暮らし・学び・コミュニティを守る
取り組みに注目!

新型コロナウイルスの影響で、学生をはじめとした人々の生活は危機に直面しています。その中で、「大学生を中心とした若者ができることは何か?」「大学生の生活を取り巻く危機や課題は何か?」といった内容を、第一線でキラリとご活躍される方にお話を伺いました。連載記事としてアップしていきます!

catch

「全国大学生協連理事会アピール」

全国大学生協連第3回理事会で新型コロナウイルス感染症を受けて大学生協が取り組む姿勢・構えについて確認しました。アピール文章を会員生協の実践事例とともに解説します!

catch

コロナ休校中の学生支援のあり方

新型コロナウィルス感染症の流行により、全国教職委員会では、それぞれの分野において「コロナ休校中の学生支援のあり方」というテーマで原稿をいただきましたので、ここにご紹介いたします。

catch

座談会 全国の大学生協が取り組んだ事例紹介
「新入生が呼べない!緊急事態での応急処置!その時大学生協では・・・」

◎座談会 / 北見工業大学生協 田端専務理事、東京大学生協 中島専務理事
◎事例報告 / 広島大学生協・宇都宮大学生協

catch

東京外国語大生協
大学と連携した「フードパントリー」の取り組み

コロナ禍で学生たちは、「生活が大変だ」と困っていた・・・。
本来の『学生支援』、
在校生のための“支え”が、東京外国語大学にはありました。

catch

全国大学生協連 学生委員会
「全国で取り組み最新事例」まとめ

全国大学生協連 学生委員会Twitterより まとめ記事

catch

書籍「大学生が狙われる50の危険」大学生協eBookで購読できます。

大学生が注意すべきリスクを取り上げ3年ごとに改訂を行い2020年2月に最新刊が発刊となっています。今だからこそ自然災害や感染症への備えと対処法について知っておきましょう。

catch

これからの学生支援
-学生の豊かな育ちと人生を応援する学生支援-

日時:2021年3月15日(月)18時~
龍谷大学 障がい学生支援室
支援コーディネーター 瀧本美子 氏
-CONTENTS-
1.学生支援とは
2.コロナ禍の学生の実態と障がい学生支援室の取組より考える学生支援
3.コロナ禍、障がい学生支援室を訪れた学生の現状
4.コロナ禍で改めて気づいた大学の役割と新たに生まれた取組、そしてこれからの学生支援
最後に

catch

<動画で見る>放送大学 奈良由美子教授インタビュー

新型コロナウィルスに対して、大学生がどのように向き合えばいいのか、というテーマで、全国大学生協学生委員会が放送大学 奈良由美子教授へインタビューを行いました。 2020年4月12日撮影、編集作業を行い、4月22日にYouTubeにて公開させていただきました。

catch

外部WEBサイトリンク集

高等教育機関(大学)関連 サイト、相談窓口関連 サイト、その他 一般的なサイトをまとめております。

catch

全国大学生サミット

全国の大学生が集い、語り合い、考え合う!
2021年7月に全国大学生協連が実施した「届けよう!コロナ禍の大学生活アンケート」には7,832名もの学生の声が寄せられました。回答いただいた皆さんへの感謝・フィードバックの機会として、そして何よりもよりよい大学生活のためのアクションの起こし方を、保健管理や学生支援の専門家のアドバイスを受けながら、大学生自身が大学生活を考えるサミットを開催しました。 当日は、45都道府県から1000人をこえる参加申込をいただきました。

catch

届けよう!コロナ禍の大学生活アンケート

全国の大学生(学部生・院生)が対象です。
あなたの声と生活を、大学・国・社会に届けます。
皆さんから回答をお寄せいただき、8月以降の大学生協としての具体的な活動・政策の検討につなげ、学生生活向上の取り組みに活かします。
大学生協だけでは実現困難なことについても、さまざまな方々と協議を行い、解決を一緒に図っていきます。
コロナ禍のあなたの頑張り、大学生活の現状を届けましょう!

catch

健康観察(管理)をアプリで簡単に!

ご紹介します「健康日記(アプリ)」は、京都大学生協、全国大学生協連関西北陸ブロック、全国大学生協共済連が参加している、京都大学データヘルス研究会メンバーが母体となって開発したソフトを搭載したアプリです。

ソーシャルディスタンシングマークについて

ソーシャルディスタンシング
Univ.CO-OPマーク(期間限定)の策定について

https://www.univcoop.or.jp/news_2/news_detail_1666.html

関連情報

戻る