新着ニュース

[大学生協連]Campus Life vol.69「学生の食生活を支えるためのresilienceレリジエンス」 (2022年3月3日)

学生の食生活を支えるためのresilienceレリジエンス

『Campus Life』vol.69

『Campus Life』は「いま、学生のために何ができるのか、をともに考える雑誌」として、大学関係者をはじめ多くの方に、学生の様相と大学生協の現況を紹介しています。

巻頭Leader’sVoiceは、国立大学法人長崎大学河野茂学長へ、同大学生協理事長荒川修教授よりインタビューをお願いし、学内の統一的目標として掲げておられる「PlanetaryHealth(地球の健康)への貢献」について、長崎大学が果たすべき役割、今後の展望についてお話しいただきました。
また、同大学生協で扱っている波佐見はさみ焼ワビカップ(金彩・銀彩)もご紹介しています。

特集テーマは「学生の食生活を支えるためのresilienceレリジエンス」です。
コロナ禍がもたらした学生の食生活の困窮と、改めて芽生えた食への意識向上。立命館大学衣笠キャンパスを中心に、学生と大学生協が目指す新たな学生食堂の姿と、学生発信による三つのチャレンジをご報告しています。

「学生の“こころ”を支える」というテーマで行った座談会では、長崎大学 保健センター長 西野 友哉教授はじめ3人のキーパーソンの方々にお話を伺いました。

CL TOPICS では、弘前大学生協と香川大学生協の「食の支援」をご紹介しています。
↓の画像をクリックするとWeb詳細ページにリンクします。