新着ニュース

大学生協連「2021年度保護者に聞く新入生調査」概要報告 (2021年11月11日)

新入生の保護者18,907名から集約
「2021年度保護者に聞く新入生調査」概要報告
<↑をクリックすると詳細ページにリンクします>

※データの無断転載はお断りいたします。
2021年11月10日

<2021年度の特徴>

  1. 受験から入学までにかかった費用
    「受験学部数」減少に伴い「受験料」は減少
    入学までにかかった費用は増加
  2. 保護者の意識
    大学への期待は高まり「専門知識の教育強化」は7割、
    「一般教養の教育強化」「就職支援」も半数が希望
    大学生活の心配事は「授業形態」「コロナウイルス」「友達付き合いなど」が2人に1人

全国大学生活協同組合連合会(以下 全国大学生協連)では、2007年から毎年4月~5月に新入生の保護者を対象とした「保護者に聞く新入生調査」を実施しており、2021年は126大学生協の18,907名の方から回答をいただきました。

この調査は毎年、受験から入学までにかかった費用をはじめ、受験から入学までに困ったこと、大学生活を送る上での不安といった保護者の意識とあわせ、大学生協の事業に対する評価もいただいています。
今回の調査結果から、新型コロナウイルス感染症拡大が続く中での受験から入学までの変化、大学入試制度の変更による受験費用の変化、今後の大学生活や将来への保護者の不安や期待などを報告いたします。
今回調査をした時期は、新型コロナウイルス感染症が拡大して1年以上となり、再度の緊急事態宣言が2021年4月25日(東京都、京都府、大阪府、兵庫県)、5月12日(愛知県、福岡県)に発出されました。新年度から対面授業を拡大すべく準備していた多くの大学が対面授業の縮小を余儀なくされ、オンライン授業が行われました。

<調査の概要>

【調査の目的】 新学期の大学生協の取り組みについての保護者の評価や、新入生が入学までにかかる費用、具体的なスケジュール、住まい探しや商品購入の際の意識を調査することにより、新学期事業の総括および次年度提案の基礎データとする。
【調査対象】 2021年に入学した新入生(学部生)の保護者
【調査期間】 2021年4月~5月
【調査方法】 インターネット調査(各大学生協の名簿からランダムサンプリングして郵送で依頼、Web画面から回答)
【回収数】 18,907(126 大学生協・回収率 28.7%)

サンプル特性

グラフ

▲ クリックで拡大 ▲

受験から入学までにかかった費用

<平均額について>

  • 各費目の平均額および合計の平均額は、それぞれ「0」と無回答を除いた「有額平均」で表示しています。
  • 費目のいずれかに「0」が含まれていても「合計」の平均額に反映されるため、「各費目の平均額合計」と「合計」は一致しない場合があります。

<各費目の内容>

A.出願のための費用 受験料/願書を取り寄せた費用
B.受験のための費用(総額のみ) 交通費/宿泊費/滞在費
C ①.入学した大学への納付金 入学金/授業料/施設拡充費・寄付金・学校債・その他
C ②.入学しなかった大学への納付金(総額のみ) 入学金/授業料/施設拡充費・寄付金・学校債・その他
D.合格発表や入学手続きの費用(総額のみ) 交通費/宿泊費
E.入学式出席の費用(総額のみ) 交通費/宿泊費/手土産代/お礼/その他
F.教科書・教材購入の費用 パソコン/教科書/電子辞書本体/教材/その他
G.住まい探しの費用 交通費・宿泊費・滞在費/礼金・入館金・敷金/前家賃や日割分・その他/斡旋手数料・仲介手数料
H.新生活用品購入費用(総額のみ) 寝具/家具/家電用品/自炊用品/インターネット契約・配線工事/電話機・携帯電話/日用雑貨/自転車・バイク/衣類や身のまわりの小物
I.その他の費用 引越し代・荷物の送料/4月分の生活費/予備の貯金/保険料/生協出資金/生協のミールカードなど/お礼・お祝い返し・その他























戻る